皆さんは日々のクレンジングをどのように行っていますか?

 

 

私はお化粧をし始めてから10年以上になりますが、クレンジングなんてお化粧が落ちればよい程度にしか考えていませんでした。

 

 

私はいつもお風呂の時に、乾いた手でクレンジングオイルを塗り込むように擦り付けてお化粧を落としていました。その後の洗顔も手で洗顔料をサッと泡立てて一気に顔を洗って流すといったようなものでした。

 

 

私は10代の頃から酷いニキビに悩まされて、クレンジングや洗顔よりもその後の化粧水や乳液などのスキンケアをニキビ対策のものをいろいろ試したりしていましたが劇的に良くなるといったことはありませんでした。

 

 

また、年齢や疲れなどが原因なのかほうれい線のしわや毛穴の広がりなども気になるようになってしまいました。

 

 

さらに、もともと脂質性の肌であったのに乾燥してファンデーションを塗ると皮膚がカサカサと毛羽立ち化粧のりが悪くなるようになりました。

 

 

化粧品を変えたわけでもないし、今までにこんなことはなかったので落ち込みましたし、どうしようかと悩みました。

 

 

そんな時にスキンケアに詳しい友人に相談してみると、クレンジングから変えてみてはどうかというアドバイスを貰いました。しかしこの時私は、クレンジングなんてお化粧が落ちればいいだけなのにと、クレンジングが重要なことであるとは全く考えていませんでした。

 

半信半疑でクレンジングを変えてみた!

 
友人から教えてもらったクレンジングのやり方は、クレンジング料(私が使ったのはニキビへの影響が少ないといわれるクレンジングミルク)を優しく指でくるくると撫でるようにマッサージをし、

 

 

濡らしたタオルを電子レンジで温めて、この温かいタオルの片面でクレンジング料をふき取り、反対の片面を顔の上にのせて5分おいてから、泡立てた洗顔料で優しく髪の生え際まで良く洗い、洗い残しがないようにしっかり流す。

 

 

 

その後はたっぷりと化粧水を手で塗り、その後乳液などでしっかりと蓋をすることが大事であると聞きました。

 

 

 
早速上記の方法でクレンジングをしてみました。少し手がかかって面倒だなと思いつつも蒸した温かいタオルを顔の上に乗せると、とても気持ちがよくリラックス出来ました。

 

 

 

湯船に浸かりながら行うのも良いと感じました。

 

 

 

私は、このクレンジングのやり方で化粧水をつける前にすでに肌がいつもと違うことに気が付きました。もっちりとしていて、肌がしっとりしているように感じました。1度試しただけでこんな肌になるなんて感激しました。

 

 

さらに驚いたのはその後の、化粧水を塗るときです。感じたことがないほど、肌が化粧水をぐんぐんと吸っていくのが分かりました。感動した私はこのクレンジング法を1ヶ月程続けました。

 

1ヶ月後の肌の変化は!

 
上記の方法で約1ヶ月クレンジングを続けた結果、肌全体の色が明るくなり化粧のりもよくなりました。

 

 

気になっていたほうれい線も薄くなったように思えます。なんといっても、良くなることのなかったニキビがほとんどなくなったのです!私はこの経験から、クレンジングをしっかりと行うことの大切さを学びました。

 

 

クレンジングをしっかりと行って、健康なもっちり肌を目指しましょう!