ずっとしっとり状態を保ちたい!だからクリームタイプ

 

ドライスキンだけど、メイクはきっちり落とさないと気が済まない、そんな私が試行錯誤してベストだと思っているのは洗えるタイプのクリームを使用したクレンジングです。

 
お風呂の前にクレンジング剤を使用すると、洗った瞬間顔がつっぱるのを感じていました。乾燥はシワの天敵です。かといって、これからお風呂に入るのに、スキンケアアイテムをつけるのもなんだか変です。

 
そこで、クリームタイプを使っています。

 
まずは、顔全体にクレンジングクリームを伸ばし、ざっとティッシュオフします。クリームはマイルドな分、強めのリキッドのようにスパッとは落ちませんので、アイメイクは少し丁寧に。私は目のキワに残りやすいので、綿棒を使ってオフします。

 

 

お風呂でクレンジング&フェイシャルマッサージ

 

 

洗い流せるクレンジングクリームですから、本当はお風呂ではじめて使ってもいいものです。

 
でもあえて、先に軽めにオフしておくのは、湯船に使ってマッサージをするからです。気分的な問題かもしれませんが、落としたメイクが溶け込んだクリームでお肌をマッサージすると、その汚れがまた毛穴に入ってしまいそうです。

 

アイメイクやリップの色素がとけた汚いクリームじゃ、いやですよね。

 
お風呂場には、ボディを洗うのとは別の用途で、乾いたハンドタオルを一枚持っていきます。

 
まずは、髪や体を洗ってしまいます。そして長い髪をまとめたら湯船に入り、手を拭いてまたクリームをとります。

 
私はここで、「毛穴の汚れを本格的に落とすつもりで」「ついでにリフトアップ」を目的に、新しいクリームを大目に使ってマッサージをします。髪や体を先に洗うのは、リラックスして、きれいな気持ちで大事なお顔のお手入れができるから。

 

 
一通りマッサージが終わったら、顔を洗います。そして、さっきのタオルをお湯で濡らして、Tゾーンなど吹き出物が出やすいところを拭きます。あくまでも、そっとふき取る感じです。

 

 

クリームを扱った手はソープで洗わないとすっきりしませんが、顔はここで洗顔剤を使う必要はありません。

 

 

お風呂から出ても、つっぱらない、つやつやしっとり

 

 

このクレンジング方法で、お風呂から出ても顔がつっぱることはありません。

 

 

これは、一瞬たりとも乾燥させたくない人には最適です。通常のクレンジング剤だと、メイクオフした直後から、お風呂に入っているときさえ乾燥しがちです。

 

 

ドライスキンの人はだいたい、水分だけではなく油分もたりないので、お風呂の水分だけではうるおえないのです。

 

 

ですから、しっとり効果のあるクリームタイプはおすすめですよ。マッサージも加えて、しっとりだけでなく、つやつや、ちょっとフェイスアップでふっくらなので、とてもお得な気分です。

 

 
この方法は、けっこうクレンジングクリームをたくさん使います。

 

 

大きな容器がおすすめです。ちなみにですが、クレンジングクリームを切らしたり、他のものを使用せざるをえなければいけない状態の時は、お風呂の前にメイクを落としたら、必ず普通のクリームを塗るようにしています。

 

 

 

そしてもったいないですけど、出る前に顔を洗います。やはり、乾燥肌には油分のキープは大事です。

 
ただメイクを落とすだけではなく、しっとり、ふっくら感を保つには、洗えるタイプのクリームクレンジングがおすすめです。